便秘の種類、弛緩性(ちかんせい)便秘について

弛緩性便秘とは【便秘解消の方法】

大腸の蠕動運動が弱くなる事が原因により起こる、慢性的な便秘

弛緩性便秘は、腸の緊張がゆるみ、便を送り出す蠕動(ぜんどう)運動が弱くなる事により、便が大腸を通過するのに時間がかかり、その結果、慢性的な便秘になってしまう便秘。筋力低下による大腸下垂がみられる場合もあり、運動不足、高齢者や女性、ダイエットを繰り返していたり、やせている人、出産を経験したばかりの女性に多く見られる特徴があります。
弛緩性便秘の自覚症状としては、腸の中に便やガスが溜まるのが原因で、お腹が張る腹部膨満感、食欲の低下などが症状として現れます。弛緩性便秘の症状が進むと、肩こり、頭痛、だるさ、手足の冷え性などの症状も現れます。肩こりや冷え性などの症状は、血行が悪くなるために起こる症状です。

スポンサードリンク