下剤種類について。下剤には刺激性下剤、機械製下剤などの種類があります。下剤の効果効能やリスクなど

下剤の種類について【便秘解消の方法】

下剤は便秘を根本から治す薬ではなく、たまった便を緊急避難的に外に出すための薬で便秘を治す薬ではありません

下剤は大きく分けて【刺激性下剤】と【機械性下剤】に種類が分けられます。

刺激性下剤

腸の粘膜を刺激して腸の運動を高めるタイプの下剤です。刺激性下剤は「大腸刺激性下剤」です。

大腸刺激性下剤
刺激性下剤の中でもよく使われるタイプの下剤。刺激によって、大腸のぜん動運動を活発にし、便を出すタイプ。市販の錠剤の多くがこのタイプの下剤。長く使い続けていると大腸メラノーシスの引き金になる為、常用することは勧められない。
小腸刺激性下剤
大腸刺激性下剤と同じ動きで、小腸に刺激を与える下剤。ヒマシ油やオリーブオイルがこれにあたる。小腸には下剤の副作用が起こりにくく、大腸メラノーシスができにくいため、お勧めすることが多い下剤。

機械性下剤

便を軟らかくしたりかさをふやしたりして、排便反射を促すタイプの下剤です。便の水分を増して軟らかくする「塩類下剤」、腸内の水分をふやして便を軟らかくする「糖類下剤」、便のかさをふやす「膨張性下剤」などがあります。また、その他の下剤として、浣腸や坐薬などがあります。浣腸は直腸に直接刺激を与えて便をだし、坐薬は肛門で炭酸ガスを発生させる事で腸の動きを促します。

塩類下剤
便のもととなる腸内の内容物の浸透圧を高めて水分の吸収を抑え、液状にして排泄を促す下剤。副作用が起こりにくく、お勧めの下剤(肝臓に障害がある人は例外)。主な成分はマグネシウムで、病院では粉薬の硫酸マグネシウムや塩化マグネシウムが処方される。にがりの主成分である塩化マグネシウムのほか、漢方薬に配合される成分のひとつで、天然の含水塩化ナトリウムの芒硝(ぼうしょう)という生薬も、塩類下剤です。
糖類下剤
腸内の水分を増やし、便を柔らかくすることにより排便を促進する下剤。ラクチュロースは、胃や小腸では消化・吸収されずに大腸に到達する難消化性オリゴ糖。薬のモニラックは、子供の便秘に利用するほか、肝性脳症を改善する目的にも使用します。D-ソルビトールはバリウムによる便秘の予防にも用いる事があります。
膨張性下剤
寒天、ふすまなどのように、水分を吸収して便のかさをふやし、軟らかくすることで排便を促す薬。バルコーゼなどがよく知られているが、お腹が張ることがある。
浸潤性下剤
腸内の便に浸潤して、それを柔らかくさせる動きがある薬。

その他

浣腸・坐薬
浣腸は主成分のグリセリンが直腸に刺激を与えて便を出します。坐薬の新レシカルボン坐薬は肛門にいれて炭酸ガスを発生させ、腸の動きをよくします。

スポンサードリンク