千切り大根の便秘解消効果と効能について

切干大根で便秘解消

食物繊維を十分に摂取することは、便秘予防に効果的です。また、食物繊維によって便通が改善されると、大腸ガンの予防にもつながります。

切干大根は、水に戻して油揚げと煮たり、千切りにして酢としょうゆに漬け、はりはり漬けにしたりしていただく独特の風味のあるおふくろの味の代表格です。

切干大根の成分

切干大根の成分のほとんどが食物繊維です。食物繊維には、水溶性ペクチンやマンナンなどの水に溶けるタイプと、セルロースやリグナンのように、水に溶けないタイプとがあります。

栄養成分について

切り干し大根ビタミンB群は、野菜や卵、乳製品、レバーなどに豊富に含まれるビタミンですが、腸内にすむ細菌によって合成されたものも利用されています。体に有用な菌のエサとなっているのが、食物繊維です。食物繊維を摂取する事で、善玉の細菌をふやして健康で若々しい体を保つことが期待できます。善玉菌によってできたビタミンB2は、脂肪からエネルギーを得るための代謝に、ビタミンB6は、たんばく質の材料にもなるアミノ酸の代謝にとても重要な役割をしています。また、ビタミンB2は、過酸化脂質という有害な老化促進物質の生成を抑える働きをしているので、ビタミンBが欠乏すると、この有害な物質がふえるために、老化が促進されたり、目や皮膚に障害が起こったりします。しかし、ビタミンB2が供給されれば、目のレンズに相当する水晶体の老化による白内障を予防することができます。さらに、食物繊維は、腸内で水分を吸収し、有害な有機物を吸着するなどの作用があります。食物繊維は水分を吸ってかさを増し、腸壁を刺激して腸の運動をさかんにし、便通を促します。

切干大根と大根について

生の大根にも食物繊維は豊富に含まれていますが、切干大根で得られる量の食物繊維を食べようと思ったら、かなりたくさんの量を食べなければなりません。その点、干すことによって栄養成分が濃縮されている切干大根を食べたほうが、効率的に食物繊維を摂取することができるといえます。切干大根には、食物繊維のほかに、ビタミB1,ビタミンB2,ビタミンB6,ニコチン酸などのビタミンB群がかなり含まれています。カリウム、カルシウム、鉄などのミネラルも豊富で、栄養的にもすぐれた食品です。積極的に利用することをおすすめします。

スポンサードリンク