キムチの便秘解消効果について

キムチで便秘解消

キムチは栄養価の高い発酵食品で、胃腸の働きを整えて便秘の予防と解消に有効です

キムチキムチに含まれる乳酸菌は野菜由来の乳酸菌なので、ヨーグルトに含まれる乳酸菌とは少し異なりますが、いずれにしても食物とともに腸まで達すれば、腸内の善玉菌の一つとして腸の働きを整え、便通の促進に役立ちます。そのほか、キムチに含まれる豊富な食物線維は、便秘解消につながります。食物繊維は便をつくる元で、腸内を通過する際、発ガン性物質や高血圧症、動脈硬化の原因物質を取り込み、便として排泄されるときに一緒に体外へ持ち去ってくれます。化学的には消化されない繊維を消化しようとして、胃腸の働きが活発になり、その結果、ほかの食品の消化が進むと同時に便通もよくなります。キムチに使われているたくさんのトウガラシが、さらにその作用を高めてくれます。

キムチの栄養効果

キムチは乳酸菌による乳酸発酵により作られた発酵食品です。キムチに作用している乳酸菌の生産量が多いほど美味しいキムチが作られます。また、おいしいキムチを作る条件になる乳酸の産生量を増やすのに大切な条件は、漬けるときの塩分量と温度です。乳酸菌を多く作り出し、よりおいしい酸味のあるキムチを漬けるコツは、低塩、低温にあります。塩分が少ないと乳酸量が多くなりますが、その反面、発酵の進み方が早くなるため、温度を低く保つことが必要になります。
乳酸菌などキムチに含まれるさまざまな微生物は、キムチの汁の中に発酵生産物と呼ばれるさまざまな物質を作り出します。特にビタミン類は豊富で、ビタミンB1、B12、ナイアシンなどは、キムチにほどよく味がついたころには、漬け込んだ初期のころよりもぐんとふえてきます。
一方、新鮮な野菜に多く含まれるビタミンAやCは、徐々にへっていきますが、それでも半分程度は残存しています。乳酸菌の働きとともに、こうしたビタミン類、さらに発酵作用で生まれるアミノ酸(たんばく質の成分)による栄養が、キムチの栄養価を高めているわけです。

スポンサードリンク