牛乳の便秘解消効果と効能について

牛乳で便秘解消

牛乳のオリゴ糖とラクトフエリンが有効

排便の習慣には個人差が大きいですが、便秘のほとんどは体の機能低下によって起こる習慣性の便秘です。このような便秘の解消には大腸の運動機能を高める牛乳が有効です。
乳製品が便秘解消に有効な訳は、牛乳に含まれるオリゴ糖が、腸の働きを整える腸内微生物であるビフィズス菌を増殖させるためです。

ビフィズス菌の生理活性について

大腸内の腐敗菌の増殖を抑えることで、有害物質の生成を防ぐ
病気の原因となる微生物の増殖を抑制し、下痢を予防する
酢酸や乳酸を産生し、腸管の鳴動運動(腸が内容物を肛門のほうへ送り出す運動を高めて便秘を予防する
腸内がビフィズス菌優勢の状態になっていると、いろいろな栄養成分の吸収が健全に行われる

ミルク
母乳で育つ乳児の腸の中がビフィズス菌で構成され、病気を招く微生物から自分の体を守っていることも、優れた自然のメカニズムといえるでしょう。
そのほか、牛乳の中には栄養としてビフィズス菌が必要とするそのはかの物質も多く、牛乳がこの微生物の最適な培地となっています。
また、牛乳に含まれるオリゴ糖は体内でほとんど消化吸収されず、大腸内のビフィズス菌など有用な菌の栄養源になって増殖させるため、整腸作用のある低エネルギー甘味素材としても注目されています。オリゴ糖とともに便秘に有効な成分がラクトフェリンです。

ラクトフェリンという鉄が結びついた糖たんばく質は、腸の中で大腸菌などの細菌を抑え、ビフィズス菌の増殖を促進し、腸の中の細菌バランスの安定・維持に貢献するので、便秘に非常に有効です。

牛乳に含まれる【キチン】

牛乳にはキチンが含まれています。キチンの構成要素の一つであるキトオリゴ糖は、体の抵抗力を高める作用を持ち、ガンを抑制することがわかっています。キトオリゴ糖は、分子が小さいにもかかわらず、高分子のレンチナン(シイタケに含まれるガン抑制成分)に匹敵するほどの強いガン抑制作用があります。それでいて、発熱性と毒性がきわめて低いという特色も報告されています。また、キチンは体内で消化吸収されない動物性の食物繊維です。食物繊維はガンの予防に役立ち、特に便の大腸通過時間を短縮することによって、大腸ガンを防ぎます。牛乳にも含まれますが、チーズにはさらに多くのキチンが含まれています。毎日牛乳をコップ1杯(200ml)程度飲むようにすると、腸の健康を保つのに役立ちます。

スポンサードリンク