味噌の便秘解消効果と効能について

味噌で便秘解消

味噌の褐色成分【メラノイジン】が腸を活性化

よく寝かせた熟成した【みそ】は、メラノイジンの効果により色や香りに深みが増しおいしくなります

味噌汁日本の代表的な発酵食品である【みそ】は、熟成期間中に原料の大豆に含まれない【メラノイジン】という物質を作り出します。この【メラノイジン】は、アミノ酸と糖との間で生じる「メイラード反応」によって生成される褐色の物質で、食品を茶褐色に色づけし、独特のこうばしさをかもしだす作用があります。身近な食品では、みそ、パンの耳、コーヒー、照り焼きにした魚の表面などの褐色の部分に多く存在しています。みそは熟成過程でメイラード反応が起こり、メラノイジンが生まれます。

メラノイジンの効果、効能

メラノイジンは、みそにうまみをもたらすだけでなく、腸内の環境を整えるという大切な働きもしています。健康を保つうえでは、善玉菌をふやし、悪玉菌をへらす腸内環境が必要となります。みそのメラノイジンは、腸内の乳酸菌をふやす働きがあります。メラノイジンには食物繊維に似た働きもあり、便が腸内にとどまる時間を縮めて排便を促します。一日一杯のみそ汁を飲むことで、腸内環境を整えます。

スポンサードリンク