海藻の便秘解消効果と効能について

海藻で便秘解消

海藻は、低カロリーでミネラルも豊富な便秘解消の要です

海藻海藻はミネラルの宝庫といわれ、カルシウムやリン、鉄、カリウムなど各種のミネラルが豊富に含まれています。
さらに、甲状腺ホルモンを作る材料となるヨウ素や食物繊維が多いことも特徴の一つです。
海藻に含まれる食物繊維の多くは海藻多糖類で、コンプやワカメなどから抽出されるアルギン酸、テングサやオゴノリから抽出されるカンテンなどがあります。

主な海藻の食物繊維の含有量

昆布100g
27.1g
ヒジキ(干しヒジキ)
43.3g
寒天
80.9g

野菜などと違って、乾物のヒジキやカンテンを一度に100gも食べることはできませんが、毎日の食事に取り入れることによって、食物繊維の不足を補うのに役立ちます。海藻の食物繊維は、腸の活動を活発にして排便を促し、水溶性の繊維であるアルギン酸は、消化管内をきれいにする整腸作用があり、便秘や下痢にも有効です。海藻類は油との相性がよく、油を使った調理をすると、便通をスムーズにし、ビタミン類の吸収もよくなります。便秘の解消に、食物繊維だけでなく適度な油をとるようにすると便のすべりがよくなります。

スポンサードリンク