便秘解消ストレスについて。ストレスが原因で便秘になりやすくなります。これは腸内細菌のバランスが崩れることが原因

便秘とストレスの関係【便秘解消の方法】

ストレスが多いと便秘になる

ストレス腸内環境を悪化させる大きな原因のひとつにストレスがあげられま。ストレスが、私たちの腸内環境に少なからぬ影響を与えていることは見逃せない事実です。イライラや不安、焦燥、恐怖、ショックなどといったストレスを受けると、腸内細菌のバランスが崩れます。つまり、ストレスが多いとビフィズス菌のような有益な腸内細菌が影をひそめ、代わってウェルシュ菌などの悪玉菌の活動が活発になる状態となってしまいます。

腸内細菌が正常な状態かどうかをチェックしよう

ビフィズス菌などの善玉菌がじゅうぶんにあると、便は黄色っぽく甘酸っぱいような臭いがします。赤ちゃんの便がきれいなのも、腸内にビフィズス菌が多いからです。ところが、ウェルシュ菌などの悪玉菌が多いと、黒っぼく悪臭の強い便が出ます。便は腸内細菌のバランスを知る重要な情報源で、いわば「腸からの便り」です。ふだんから観察する習慣をつけておくとよいでしょう。

ストレスと悪玉菌

ストレスが加わることによって私たちの腸内に悪玉菌がふえるということが分かっています。ストレスが腸内細菌に影響を与える理由の一つとしてあげられるのは、腸のぜん動運動が衰えるためです。ぜん動運動は、ストレスのショックによって鈍くなり、また、胃酸や腸液の分泌も悪くなるので、結果的に腸内細菌のバランスが崩れて【ウェルシュ菌】が繁殖してしまいます。

蠕動運動の衰え

腸のぜん動運動は、善玉菌のビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸の刺激を受けると活発になりますが、腸内で悪玉菌がふえると、逆に乳酸や酢酸が少なくなって刺激も小さくなります。このことも腸のぜん動運動が衰える一因でしょう。悪玉菌の多くは腐敗菌で、腸内のたんばく質やアミノ酸を腐敗させて有害物質を次々と放出します。そして、慢性疲労症候群や頭痛、不眠、イライラ、めまい、肌荒れといったさまざまな変調をもたらすのです。さらに、免疫力を弱らせて生活習慣病の引き金ともなります。したがって、健康で長生きするためには、悪玉菌を腸内からへらして善玉菌がすみやすい環境にしてやることが大切なのです。

スポンサードリンク