お水の便秘解消効果と効能について

お水で便秘を解消しよう

朝起きがけに一杯の冷たい水を飲むことです。これは便秘解消に大きな効果があります

便意を催す一杯の水食べ物の消化吸収は胃と腸で行われますが、胃や腸で分解された栄養素は水を媒体として移動するため、水がなくては栄養素やビタミン、ミネラルなどの微量栄養素を吸収することはできません。そのため、ある程度の水分で体が潤っていないと、消化・吸収がじゅうぶんに行われなくなります。たとえば、食事のときに水を飲まなければ、水分の少ない状態で胃や腸は作業しなければなりません。これでは栄養素が十分に消化・吸収されないことになります。ただし、脂肪分だけは性質の違いから水を媒体としません。逆に、水を飲みすぎた場合ですが、余分は水は汗や尿となって排泄されますから心配いりません。このように、胃腸の消化吸収を活発にするためには、水を摂る事が必要です。朝は、一日のうちで絶好の排便のチャンスです。というのは、朝は睡眠によって体の疲労が取れているので、総鳴動がさらに活発となるからです。朝食後の20分くらいの間にくる排便の波動のようなものを逃さないようにすることが大切です。朝の波動を逃してしまうと、大腸内にたまった便は水分を吸い取られてかたくなり、慢性便秘となってしまいます。朝は腸をきれいにする絶好の機会です。朝起きたらまずコップ一杯の冷たい水を飲み、簡単な運動や散歩などをして食物繊維の豊富な朝食を食べることです。そうすることで自然なお通じがきて便秘にならず、ガンや生活習慣病を防ぐことにつながります。

便秘解消に有効な水の飲み方

本来なら、自分の体の自然な生理欲求に従って水を飲むのが望ましいのですが、多くの人は、生活習慣のひずみや飲食状況のゆがみやストレスなどによって、正しい生理的欲求がなされていません。
朝起きたとき、朝食後、10時、昼食後、午後3時、夕食後、就寝前にコップ一杯ずつ水を規則正しく水を飲むこと。規則正しく水を飲むことは、体内時計のリズムを正しく修正する役割を担っているのです。そして、もっとも大切なのが、朝起きがけに一杯の冷たい水を飲むことです。これは便秘解消に大きな効果がありますし、健康維持には欠かせません。

朝の冷たい一杯の水が便秘を治す

朝起きてすぐは、体が乾いて胃が空っぽの状態です。そこで冷たい水を飲めば、水は食道を通り胃に流れ込みます。その冷たい水の刺激が、胃にものが入ってきたよという目覚めの合図となって胃が動き出すのです。すると、それに伴って腸のぜん動運動を起こす準備がなされるわけです。
朝の起きがけの一杯の冷たい水は、胃や腸を動かす目覚ましの役割をし、胃から小腸、大腸へと続く鳴動運動の連鎖反応を活発にします。その後朝食をとることによって、胃も腸もいっせいに動き出します。これを「総鳴動」といいます。すると、大腸にたまっていた便が一気に肛門に近い直腸のほうへ送られて、便意を感じます。このようにして便意を感じるしくみを「胃・大腸反射」といい、このためトイレに行きたくなります。

スポンサードリンク