ヨーグルトの便秘解消効果と効能について

ヨーグルトで便秘解消

腸内細菌のバランスをよい状態に保つのにおすすめしたいのがヨーグルト、腸の若さを保つ乳酸菌です

ヨーグルト私たちの腸の中にはおよそ100種類100兆個もの細菌がすみついており、これを腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼びますが、腸内細菌のバランスをよい状態に保つのにおすすめしたいのがヨーグルトです。乳酸菌は発ガン性物質を分解する働きや腸のぜん動運動を活発にして排便を促進したり、下痢を防ぐ整腸作用もあります。悪玉菌はたんばく質を材料として有害物質を生成しますが、善玉菌の代表格である乳酸菌は牛乳に含まれる糖を分解して乳酸や酢酸を作り出し、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。また、ビタミンを合成したり、免疫力を高めるなど、乳酸菌は私たちの健康維持にさまざまな役割を果たしています。ヨーグルトの原料である牛乳も完全栄養食品といわれていますが、ヨーグルトはこれに乳酸菌の効果がプラスされており、たんばく質やカルシウムの消化吸収もヨーグルトのほうがすぐれています。牛乳を飲むとおなかがゴロゴロするという乳糖不耐症の人がいますが、乳糖の形で含まれている牛乳中の炭水化物を分解することができずに、おなかをこわしてしまうのです。その点、ヨーグルトでは、乳酸菌によって乳糖の一部がすでに分解されてその量も少なくなっているうえ、乳酸菌が出すラクターゼという酵素が残りの乳糖を腸内で分解してくれるので、安心して食べられます。ヨーグルトを毎日食べ続けることによって、腸内細菌叢を改善でき、大腸ガン予防にもなります。一日300g以上を食べる事をお勧めします。

スポンサードリンク